準備資料の確認書②|大阪の税理士事務所|竹内総合会計事務所の公式ブログ

竹内総合会計事務所
Tel:06-6447-0703 Fax:06-6447-0803

大阪市の税理士ブログ│大阪 税理士

経理の改善指導を行いました

準備資料の確認書②

2011 年 4 月 8 日 金曜日

経理資料の準備が遅れがちな顧問先に「準備資料の確認書」を作製してお渡しすることは、以前にも
お話しましたが、今回も経理資料がなかなか揃わず、試算表を作成できるのは決算時……となりがち
な顧問先様に、その会社で準備いただく経理資料を一覧表にしてお渡ししました。
「準備資料の確認書」にチェックをいれながら書類を揃えていただき、用意できた書類はその場で
ファイルしていただけるように見出しを付けたファイルも用意させていただきました。

実際にご準備いただくのは顧問先の経理担当者の方ですので、頑張っていただくしかありませんが
複数の書類がありますと何から手をつければよいのやら…と億劫になりがちな気持ちもわかります。
そこで、毎月同じ流れで準備できればと思い「準備資料の確認書」とファイルをお届けしました。

こちらも出来るだけ分かりやすい試算表を作成し、毎月ご報告できることを願っています。
後継者の息子様も試算表の経費の補助課目をご覧になって「こんなのも分るんだ!」と言われたのを
聞いて、やはり試算表は毎月見ていただかないと!
ということで社長と毎月経理資料を揃えていただくお約束をしました。

資料お待ちしております!

経営改善に関する話し合い

2010 年 10 月 1 日 金曜日

 

どの業界におきましても中々厳しい環境でありますが、

先日、顧問先の経営者および経理担当者の方にお越しいただきまして

経営改善に関するお話をさせて頂きました。

経営者の方の問題(必要な取り組み)と経理担当者の方の問題を

分けてお話させて頂きました。その際に改めて痛感したことは、一事が万事である

ということ。残念ながら経理処理が遅れがち、または処理モレが多い会社は

損益および財務内容に問題をかかえている会社が多い傾向があります。

こういった環境下であるからこそ、適切で迅速な経営判断が求められます。

こういった環境下であるからこそ、我々会計事務所もお客様に対する強力な指導力

が必要であると痛感致しました。

準備資料の確認書①

2010 年 8 月 17 日 火曜日

入力を請け負っているにもかかわらず、毎月の経理資料がなかなかこちらに届かず、残高試算表が
作製できた頃には過去の数字を振り返ることしか出来ない……。
それでは残高試算表を作製する意味がありませんよね。

なぜ、遅れるのかを解明していくと、忙しいから…と事情は多様ですが、どうやら帳簿類の作成や
資料整理に時間がかかったり、どの書類をこちらへ届ければよいのかが解らなかったりすることが
多いようです。

先日も3~6ヶ月は遅れがちだったクライアント様に
 ①「準備資料の確認書」こちらへ届けていただきたい書類のリストを業種に合わせて作製
 ① 今までは「振替伝票」を記帳されてましたのを廃止
 ② 現金出納帳は直接「弥生会計」へ入力
 ③ 銀行帳の代わりに通帳に載せてコピーをとるだけで預金出納帳の様式が作製できるシートを
   お渡しし、そこへ入出金内容を記入していただく
あとは「準備資料の確認書」にチェックを入れながら、必要な書類を揃えていただくことを提案さ
せていただきましたところ、毎月翌月には前月の経理資料が届くようになりました。

おかげさまで、こちらのスケジュールも立てやすくなりましたし、毎月ご報告ができるので楽しみ
です。
是非、継続していただけることを願っています。


税理士 大阪・竹内総合会計事務所TOPへ

大阪で節税対策・税務調査や経営・決算等の記帳ならお任せ下さい。

対応地域 大阪市、大阪狭山市を含む大阪府下全域・神戸市、尼崎市を中心とした兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県)

大阪市北エリア(東淀川区、淀川区、旭区、北区、都島区)、大阪市南エリア(東住吉区、住吉区)、大阪市東エリア(城東区、鶴見区、東成区、生野区、平野区)
大阪市中央エリア(福島区、中央区、阿倍野区、天王寺区、浪速区)、大阪市西エリア(西淀川区、此花区、西区、港区、大正区、西成区、住之江区)

税金対策は大阪市の税理士にお任せ下さい
〒541-0052
大阪府大阪市中央区安土町2-3-13 大阪国際ビルディング8F
Tel:06-6265-5088 Fax:06-6265-5055
Mail:info@gaoffice.net