大阪で決算書や確定申告の作成などの経営サポートはお任せ下さい

決算・申告サポート

決算・申告サポート内容
決算・申告サポート内容

決算や申告のサポートメニュー

決算前検討会および書面添付制度活用による、決算・申告のトータルサポート。

決算前検討会とは

決算前検討会で損益および納税予測、来期の利益計画の足がかりに。

<当期に関する事項> <翌期に関する事項> <その他>
  1. 財務内容の報告
  2. 税額予測と決算対策
  3. 経理処理の課題の確認
  4. 申告スケジュールと準備資料説明
  1. 来期以降の消費税の確認
  2. 利益計画の試算
  3. 役員任期と報酬の確認
  1. 当社との契約更新
  2. 決算診断と研修案内

検討会の基本的な内容は上記の通りです。

決算書・申告書の作成の流れ

決算前検討会終了後、決算書・申告書作成までの流れです。

決算月から申告期限までおおよそ2ヶ月ございますが、経理担当者の方はこの2ヶ月が大変な作業になると感じておられますか? 実はそうではありません。
毎月の月次監査をきちんと行い、決算前検討会で決算方針を確定させれば、実はこの2ヶ月の時間の大半は進行年度の経理処理に費やすことが可能となります。
この2ヶ月がかなり忙しくなるという事は、月次レベルで経理処理を正確に行えていない証です。

書面添付制度の導入

税務調査対策に書面添付制度を活用しましょう。

書面添付制度とは、税理士法第33条の2に規定されているもので、簡単に言い表しますと、申告書に顧問税理士が作成した意見書のようなものを添付することです。
このことは、税理士が税務署に対して「お客様の税務申告書は適正なものであり、独立した公正な立場から適正申告納税を行っております」と太鼓判を押すようなものです。
この書面添付制度を利用することにより、税務署との信頼関係の醸成等がはかられ、税務調査が少なくなる又は簡略化される可能性があります。

書面添付制度の導入

書面添付別紙の抜粋

個人事業主の確定申告

個人事業主の確定申告に関して。

個人事業主の方の確定申告も対応いたします。
確定申告の時期につきましては法人の12月決算および年末調整・法定調書などの作業時期と重なりますので、前もってのお問い合わせをお願いいたします。
個人事業から法人化へのお手伝いもお受け致します。


税理士 大阪・竹内総合会計事務所TOPへ

大阪で節税対策・税務調査や経営・決算等の記帳ならお任せ下さい。

対応地域 大阪市、大阪狭山市を含む大阪府下全域・神戸市、尼崎市を中心とした兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県)

大阪市北エリア(東淀川区、淀川区、旭区、北区、都島区)、大阪市南エリア(東住吉区、住吉区)、大阪市東エリア(城東区、鶴見区、東成区、生野区、平野区)
大阪市中央エリア(福島区、中央区、阿倍野区、天王寺区、浪速区)、大阪市西エリア(西淀川区、此花区、西区、港区、大正区、西成区、住之江区)

税金対策は大阪市の税理士にお任せ下さい
〒541-0052
大阪府大阪市中央区安土町2-3-13 大阪国際ビルディング8F
Tel:06-6265-5088 Fax:06-6265-5055
Mail:info@gaoffice.net